2012年8月10日金曜日

コレクターズのポッドキャスト本、9/7発売!

(2012.09.07更新)

『ロックンロールが降ってきた日』チーム、
秋元美乃/森内淳が編集をした
ザ・コレクターズのポッドキャスト
『池袋交差点24時』の書籍版が
2012年9月7日に発売されました。

『池袋交差点24時』はスクラップウェブマガジン
毎週水曜日にアップロードしているポッドキャスト。
パーソナリティはザ・コレクターズのリーダーであり
ヴォーカリストの加藤ひさし、
そしてギタリストの古市コータロー。
昭和の価値観で
現代を斬りまくるトークが大ブレイク。
放送開始3年で、
月間20万ダウンロードを誇る人気番組に成長しました。

今回の書籍化にあたっては
番組の中で放たれた「金言」(!?)を40個セレクト。
一見役に立ちそうにありませんが
この金言によって、
退屈な日常が退屈でなくなること請け合いです。
現代の啓蒙書へのアンチテーゼか?
はたまた昭和カルチャー、最後の咆哮か?
どうでもいいようなことを徹底的に楽しむと
日常は素晴らしく面白いものになるということを
実感していただければ幸いです。

さらに「金言フォト」を掲載。
付録として「ぬりえ」と「漫画」を
巻末に収録しました。
初版三千部限定で
『池袋交差点24時未発表トーク集』CDがついています。

<<インフォメーション>>

2012年9月19日(水)池袋ジュンク堂にてトーク&サイン会開催決定!
定員に達しましたのでお申込みは締め切らせていただきました。ありがとうございました。ご予約の方のみ参加できます。当日券などはございません。

(森内淳)




タイトル:池袋交差点24時
著者:加藤ひさし/古市コータロー
編集:秋元美乃/森内淳
装幀:三浦巌
写真:岩崎真子
イラスト:古市コータロー/やま磯
漫画:TOMOKUNI
CD編集:土田博之
出版社:Pヴァイン・ブックス
ISBN-10: 4906700454
ISBN-13: 978-4906700455
定価(初版本):1,995円(税込・CD付き)
発売日:2012年9月7日


加藤ひさしと古市コータローは
どうやってロックンロールの虜になったのか?



タイトル:ロックンロールが降ってきた日

収録アーティスト:浅井健一、大木伸夫、加藤ひさし、甲本ヒロト、セイジ、チバユウスケ、仲井戸麗市、成田大致、平田ぱんだ、古市コータロー、真島昌利、増子直純、ムッシュかまやつ、山中さわお、ROY
(五十音順・掲載順とは異なります。掲載順は成田大致さんから始まりムッシュかまやつさんまで、デビュー日が遅い順になります)

編集:秋元美乃/森内淳
表紙イラストレーション:浅井健一
装幀:三浦巌

内容:ミュージシャンがロックンロールに出会い、人生を変えていく様子や音楽に、楽器にのめり込んでいく過程を取材、モノローグ形式で掲載(Q&Aではありません)。ケータイにCMソングを一曲ダウンロードして5回聴いて消去する時代に、忘れ去られようとしている「音楽の深さ」や「尊さ」、「楽しさ」、「音楽を聴くことの素晴らしさ」を、この本に収録しました。

体裁:336ページ・2段組、ハードカバー
モノローグ形式(Q&Aではありません)
発行:Pヴァイン・ブックス
ISBN-10: 490670025X ISBN-13: 978-4906700257
価格:2,500円(税込・税抜価格2,381円)

Amazonでの購入はこちらです。http://amzn.to/HbHiK1
※全国の書店、CDショップ、ネット書店などでお求めになれます。

あなたの「ロックンロールが降ってきた日」を投稿してください。